読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【iPhone7】ラベル&フィルタ機能でGmailのメールを整理する方法





スポンサーリンク


メールをラベルで分類してフィルタで自動振り分け

 

Gmailのメールを整理するのに、特に便利なのが「ラベル」と「フィルタ」機能だ。ラベルはカテゴリ別にメールを分類するためのもので、あらかじめ「仕事」「プライベート」といったラベルを作成しておき、メールにつけておくことで、メールを効率的に管理できる。

 

さらに、フィルタ機能でルールを設定しておけば、特定の差出人からのメールには「仕事」ラベルを付ける、といったメールの自動振り分けが可能になる。なお、ラベルの作成やフィルタの設定は、Web版のGmailで行う必要がある。

 

 

1・あらかじめラベルを作成しておく

ブラウザでWeb版Gmailにアクセスしたら、「設定」→「ラベル」タブで「新しいラベル」ボタンをクリックし、あらかじめ「仕事」「プライベート」といったラベルを作成しておこう。

 

 

2・振り分けたいメールを開く

ラベルを作成したら、続いて自動的にラベルをつけたい相手のメールを開こう。「その他」→「メールの自動振り分け設定」をクリック。

 

 

3・フィルタ条件を設定する

振り分け条件の設定画面が開く。メールの送信元アドレスや、件名などを条件に指定して、「この検索条件でフィルタを作成」をクリック。

 

 

4・フィルタの処理内容を設定する

「ラベルを付ける」にチェックしてラベルを選択、「フィルタを作成」をクリックすれば自動的にラベルがつくようになる。「一致する〜」にチェックで過去のメールにも適用される。