読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【iPhone7】パソコンとのデータのやりとりに最適な「Dropbox」クラウドストレージサービス





スポンサーリンク


 

Dropbox
Dropbox
開発元:Dropbox
無料
posted with アプリーチ

 

iPhone7やパソコンで常に最新のファイルを同期する

 

パソコンのデータをiPhone7に転送したり、iPhone7で撮影した写真をパソコンへコピーする場合、いちいちiTunesに接続して作業するには面倒だ。

 

そこで活用したいのが、定番のクラウドストレージ「Dropbox」。Dropbox上に各種ファイルを保存しておけば、WindowsやMac、iPhone、iPad、Androidといったすべてのデバイス上から、同じデータにアクセスできるようになる。

 

iPhone7用アプリでは、すでにアップロードされているファイルを閲覧できるだけでなく、カメラで撮影したドキュメントやiPhone内の写真、ほかのアプリ内に保存されているファイルをDropbox側にアップロードすることが可能だ。

 

また、「写真」からカメラカメラアップロードを有効にしておけば、Dropbox起動時にiPhone7内の写真がすべてアップロードされる。

 

ほかの端末からもiPhone7の写真を閲覧したい場合に使ってみよう。なお、無料で利用できるクラウドストレージ容量は2GBまで。

 

容量が足りなくなったら場合は、1TBの有料プラン(年間12000円)に切り替えることも考えてみよう。

 

 

Dropboxでクラウドストレージを利用する

 

1・ファイル一覧を確認する

「ファイル」画面を表示すれば、現在Dropbox上にアップロードされているファイルが一覧表示される。ファイル名をタップすれば閲覧が可能だ。

 

 

2・Dropbox上にファイルを閲覧する

主要なファイル形式はアプリ上でそのまま閲覧できる。画像や音楽、動画ファイルのほか、PDFやオフィス系ファイルもアプリ上で閲覧可能だ。

 

 

3・端末内にファイルを保存する

ファイルを開いた状態で、画面右上の「・・・」メニューをタップ。「オフラインアクセスを許可」すれば端末内のファイルを保存することもできる。

 

 

ファイルをDropboxにアップロードする

 

iClouddriveやほかのアプリからアップロード

ファイルをアップロードしちあ場合は、ファイル一覧画面で「+」をタップ。表示されたメニューからアップロードするものを選択しよう。

 

 

自動で写真を保存するカメラアップロード機能

「写真」をタップしてカメラアップロードを有効にした場合、iPhone7で撮影した写真が自動でDropboxにアップロードされるようになる。

 

 

ポイント!Dropbox経由でファイルを知人に送る

Dropbox上のファイルを知人に送信したい場合は、ファイル一覧の右端にあるボタンから「共有」を選択。メールやメッセージ、SNSなどでファイルのリンクを送信することができる。