読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【iPhone7】WindowsとiCloudでさまざまなデータを同期する方法





スポンサーリンク


iCloudコントロールパネルを導入し同期を開始する

 

iPhone7は、Appleのクラウドサービス「iCloud」を使ってさまざまなデータをiPadやパソコンと同期できる。

 

パソコンとの同期は、Mac OSに搭載されているiCloudをシステム環境設定から開き、同期したい項目にチェックを入れればOKだ。

 

Windowsの場合は、「iCloudコントロールパネル」というソフトをAppleのさいとからダウンロードしてインストールしたいWindowsパソコンとiPhoneでは、iCloud drive、iCloudメール、連絡先、カレンダー、タスク、Webブラウザのブックマーク、写真を同期できる。

 

iCloudメール、連絡先、カレンダー、タスクは、Outlookのでーたんと同期する。ブックマークの同期は、Internet Explorer、Firefox、Chromeでるようできる。

 

写真の同期は、デスクトップの「PC」内の各種ドライブと並んで表示される「iCloudフォト」を開き、フォトストリームを確認できる。写真のダウンロードも可能だ。また、パソコンから写真をアップロードしてiPhone7で開くこともできる。

 

iCloudコントロールパネルの基本操作方法

 

1・iCloudコントロールパネルでサインインする

AppleのサイトよりiCloudコントロールパネルをダウンロード。インストーラをダブルクリックしてインストールする。

 

インストール完了後、パソコンを再起動するとタスクバーにiCloudアイコンが表示されるのでクリックして起動する。

 

タスクバーに表示されない場合は、画面左下のWindowsマークを右クリックして起動できる「検索」で「iCloud」と入力して、検索結果から起動しよう。

 

続けて、iPhone7と同じApple IDでサインインしよう。もちろんiPhone7側のiCloudも設定からオンにしておく必要がある。

 

2・同期したい項目を選択する

iCloudコントロールパネルのウィンドウが表示されたら、同期したい項目を選択し「適用」をクリックする。「写真」のオプションでは、iCloudフォトライブラリとフォトストリームの同期をチェックボックスで設定できる他、iCloudフォトのフォルダを変更できる。「ブックマーク」のオプションでは、Webブラウザを選択する。

 

3・Outlookでメールや連絡先カレンダーを同期

「メール、連絡先、カレンダー、およびタスク」にチェックを入れると、Outlook上のそれぞれのデータがiPhone7と同期される。なお、同期されるメールは「◯◯@iCloud.com」のアドレス。

 

4・Webブラウザのブックマークを同期する

「ブックマーク」にチェックを入れると、パソコン樹のInternet Explorer、Firefox、ChromeのブックマークとiPhone7のSafariのブックマークを同期できる。iPhone7のSafariのブックマークの「お気に入り」欄にパソコンのブックマークが表示されるようになる。

 

5・iCloud driveとiCloudフォトを利用する

「iCloud drive」と「iCloudフォト」にチェックを入れて同期すると、パソコンにも「iCloud drive」および「iCloudフォト」フォルダがそれぞれ作成され、iPhone7と同期できる。

 

6・iCloudのデータを管理する

「保存容量」をタップすると、iCloudのストレージ管理画面が表示される。iPhone7などのバックアップデータやアプリ内の保存データが一覧表示され、それぞれ削除も可能。「さらに容量を購入」から追加容量も購入も行える。