読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【iPhone7】2ファクタ認証でApple IDのセキュリティを強化する方法





スポンサーリンク


不正アクセスを防止するための強固な認証設定

 

万一Apple IDのパスワードを盗まれても、アカウントに不正アクセスされたり悪用されないように、「2ファクタ認証」を設定しておこう。

 

2ファクタ認証を設定したアカウントには、自分で信頼したiPhone7、iPad、Macなどのデバイスでのみアクセスできるようになる。

 

また、新しいデバイスにははじめてサインインする場合は、パスワードと、信頼済みのデバイスに表示される6桁のパスコードが必要になる。

 

パスワードを知られても不正にアクセスされることはない。

 

1・「2ファクタを認証を設定」をタップ

まずはiPhone7で「設定」→「」iCloud

を開き、一番上のApple IDをタップ。サインインしたら、「パスワードとセキュリティ」→「2ファクタを認証を設定」をタップする。

 

 

2・2ファクタ認証を有効化する

「続ける」をタップして本人確認を済ませたら、本人確認にしようできる電話番号を設定。続いてパスコードなどの入力を済ませれば、2ファクタ認証が有効になる。

 

 

3・2ファクタ認証でサインインする方法

以上でiPhone7が信頼するデバイスとなった。新しくiPadなどでApple IDにサインインしようとすると、iPhone側には「サインインが要求されました」と表示されるので、「l許可する」をタップ。これで、iPadでもApple IDにサインインできる。